aeroTAP 医療向けシステム、
取り扱い店募集中!

aeroTAP 外科手術支援

a

近年の外科手術では、デジタル化が進み、コンピューターに保存したデジタルデータ(PACS、DICOMや、3Dモデル画像)を手術中に外科医が直接アクセスすることがあります。

aeroTAPを外科手術室のコンピューター、または外科医が持ち込むコンピューターで実行することで、外科手術室でのタッチレス操作を可能にします。

aeroTAPは、現在ご利用の医療用アプリケーション(DICOM, PACSなど)をそのままタッチレス化できます。

Arrow現在利用しているPACSがそのまま使える
低コストでの導入が可能

Arrow設置や運用が簡単
高いモビリティの提供

Arrow術者のストレスを軽減
術者自身で操作することで不要なコミュニケーションの軽減

Arrow非接触で安全、清潔
安全性の確保

Arrow誰でも簡単に操作できる
ICTリテラシーレベルに依存しない

Arrow手袋の脱着が不要
コスト削減、資源の有効利用

Arrow手術時間の短縮に貢献
患者への負荷の軽減

PDF 日本語版 カタログ PDF

aeroDRAW 腹腔鏡手術支援

a

aeroDRAW(エアロドロー)は、腹腔鏡下での手術を支援します。

腹腔鏡画像をリアルタイムで取り込み、術者や指導者によるアノテーションが可能になります。画面上に直接絵を描いたり、3D画像をオーバレイ表示させることができます。


aeroTAPと併用することで、術者によるタッチレスでの腹腔鏡画像へのポインティングや書き込みが可能です。

*aeroDRAWは、筑波大付属病院消化器外科との共同研究による成果です。

タッチレス操作による、院内感染を未然に防ぐ

院内のコンピュータのインターフェイスをタッチレス化することで、キーボード、マウス、またはタッチパネルを介したコンピュータ操作による院内感染への対策を支援します。

院内で既にご利用のアプリケーションをそのまま変更することなく、タッチレス化できます。

その他、医療福祉関連の活動


2016,2017,2018年 iGNT( 茨城県グローバルニッチトップ企業育成促進)事業では、独自の3Dセンサーを使った手用簡易計測とナビゲーションの開発を行っています。


バーチャルメディカル ミニュレーション リサーチユニットに参加しています。


aeroTAP技術を使った、リハビリ関連の製品の開発を行っています。


Springer NatureにてaeroTAPを使ったタッチレス操作の有効性についての論文が掲載されました。
"Novel imaging using a touchless display for computer-assisted hepato-biliary surgery"


映像情報Medical 2019年1月 [手術支援システム最前線]特集にてaeroTAPを使ったタッチレスインターフェイスに関して寄稿しました。

写真ギャラリー