日本初上陸! 全天球360°撮影カメラ

Androidスマホにプラグインして、簡単に360度撮影が可能!

LyfieEye(ライフィーアイ)デザイン コンセプト


モバイルショップ

シンプルで使い勝手がよい

LyfieEye(ライフィーアイ)は、とても使い勝手の良い全天球360° カメラで、Androidスマホにプラグインして利用できます。専用のLyfieViewで360°写真や動画の撮影するだけでなく、撮った写真はそのままFacebookやLineで共有したり、動画をYouTubeで共有できます。


画像がきれい

このクラスの全天球360°カメラでは、画像の品質に自信あり。


超軽量

このクラスの全天球360°カメラでは、最軽量、本体部分重量 わずか19g!。軽くなくてはスマホで使えない!


シンプルで利用用途が広い

Windows PCに接続することで、360度全天球カメラとして、そのまま360度画像を取り込めます。UVC互換のため、特別なドライバや設定は一切不要です。

UVC1.1互換カメラとしてLinux, Androidその他デバイスに接続してアプリケーションの開発が可能です。


サンプル

サンプル画像です。下記のパノラマ写真は、PCからは、ドラッグして動かすことができます。
スマホからは、ジャイロを使って動かすことができます。360動画は、こちら
参考文献
[お手軽360°パノラマ製作入門]
[three.js]

下記の画像は、360度画像を、画像加工ソフトAKVIS Drawを使って、処理した360画像です。

360度写真をAKVIS Drawで加工しました。写真をクリックすると360度グリグリできます。AKVIS Drawは、こちら

VRコンテンツの作成

撮影した写真は、動画はそのままVRコンテンツとして利用できます。

360度写真や動画に対応したエディタを使って、VRコンテンツを作成できます。

USBをType Aに変換して、Windows PCに直接接続すると、カメラとして認識されます。
デバイスマネージャで"イメージングデバイス"に追加表示されていることを確認してください。
認識さない場合、供給電力が不足している可能性があります。他のポートや、セルフパワー式のUSBハブを介して接続してください。

標準のカメラビューアで360度生の動画が見られます。
簡単なサンプルプログラムを作成しました。ここからダウンロードできます。
amcap.exe - カメラビューア
VR360.exe - OpenGL Shpereにテクスチャーマッピングして表示
'V' キーで表示切り替え、-+でズーム,
複数のカメラが接続されている場合、引数にカメラ番号を指定
例:2番目のカメラ( 0から1番,,,,)
VR360.exe 1

LyfieEye (ライフィーアイ) 技術仕様

仕様
解像度 - 画像フォーマット FHD (1920 x 1080) JPEG 360 メタデータ付き
解像度 - 動画フォーマット FHD (1920 x 1080 @ 30fps) H.264 オーディオおよび360 メタデータ付き
大きさ 39(w) x 36(h) x 33(d) mm 合計高さ(ポート部分を含む) 43 mm
本体重量 19g
電力消費 最大 1W (200mA @5V)
動作温度 0° C – 50° C
Lyfielink LyfieEye用 7インチ延長ケーブル
LyfieU2Ck LyfieEye用 USB Type C変換アダプタ

製品に関する詳細、お問い合わせ

LyfieEye(ライフィーアイ)に関するご質問、お問い合わせは、www.shareEDGE.comからお問い合わせください。
個人向け、企業向けへの販売とサポートを行っています。
shareEDGEへ