aeroTAP 3D USBカメラで3Dコンテンツの開発!

OpenNI2ドライバー対応

OpenNI2 ドライバーの設定

OpenNI2ドライバを利用して、様々な3Dセンサー(RGBD)に対応した、アプリケーションや開発環境でaeroTAP 3D SUBカメラを利用することができます。
ここでは、aeroTAP用 OpenNI2ドライバの入手と設定方法について説明します。

a) 最新版ドライバ aeroTAP_OpenNI2.zipをダウンロードし、展開します。
b) Bin/Win-x64またはBin/Win-x32フォルダーに実行可能なサンプルプログラムがあります。
SimpleView.exeを実行して、確認することができます。

補足:Visual Studio 2015 再領布プログラムのインストールが必要です。

ArrowGitHub OpenNI2からソースコードを入手し、コンパイルすることでその他サンプルコードの実行を確認できます。

ヒント:その他、OpenNI2を利用するアプリケーションを実行する場合、OpenNI2\DriversフォルダーにaeroTAP OpenNI2ドライバー 一式をコピーし、OpenNI.iniファイルを編集して。[Device]セクションに aeroTAP ドライバを設定することで動作するはずです。

Ubuntu x64, Raspberry Pi2/3, Dragonboard用のドライバも追加しました。

x64-Release Ubuntu x64用

Arm-Release Raspberry Pi2/3用

aarch64-Release Dragonboard 410c用

重要: これらのLinux環境では、lib*.soファイルをライブラリパスにコピーするか、export LD_LIBRARY_PATHを設定する必要があります。

aeroTAP.iniファイルのカスタマイズ

aeroTAP.iniファイルをカスタマイズすることで、OpenNI2ドライバを各種アプリケーションに対応した利用が可能です。

パラメータ名とデフォルト値説明
Filter=1深度データにカメラからのRAWデータを取得する場合、値を0にします。PCLやRTABMapで実行する場合。
例: Filter=0
CamNo=0複数のカメラが接続されている場合に、カメラ番号を指定します。2番目のカメラを使う場合、
例: CamNo=1
Rotate=1カメラを90°回転して設置する場合、Rotate パラメータの値を1に設定します。OPENNI2を介すと、回転しても解像度はVGAのままです。
例: Rotate=1
Windows OSのみ
camWidth=640
camHeight=480
または、GS用
camWidth=1280
camHeight=720
カメラ解像度を指定します。ここでカメラ解像度を変更しても、aeroTAP 用 OpenNI2ドライバの出力解像度は、640x480(VGA)となります。
aeroTAP 3D USB では、QVGA(320x240), VGA(640x480), *WVGA(640x400)
aeroTAP 3D USB GSでは、VGA(640x480), HD(1280x720)
が選択可能です。
*WVGAを有効にした版が必要です。

お問い合わせ

3DiVi nuiTrack SDKスケルトントラッキング SDK

aeroTAP OpenNI2ドライバと3DiVi nuiTrack SDKを使って、スケルトントラッキングを使ったアプリケーションの開発が可能です。
Windows Windows 7, Windows 8, Windows 10で実行可能です。

重要:aeroTAP 3D USBカメラ(3cmベースライン)を使う場合、上半身のトラッキングのみが可能です。また、カメラからの認識可能な範囲が狭いことに注意してください。

[評価環境の準備]
以下の手順で環境を準備してください。

Microsoft Visual Studio 2015または2017の開発環境

nuiTrack SDKのダウンロード nuitrack-win32.zip、またはnuitrack-win64.zipをダウンロード

a) ダウンロードしたzipファイルを展開します。
b) 展開したフォルダーに含まれる OpenNI-Win32-1-5-7-Dev.msi、またはOpenNI-Win64-1-5-7-Dev.msiを実行して、OpenNIをインストールします。
c) nuiTrakフォルダーを任意のフォルダーに移動します。(例: C:\nuitrack-win64 )
d) 環境変数 NUITRACK_HOME を追加します。例: C:\nuitrack-win64\nuiTrack

e) 環境変数設定を反映するために、コンピュータを再起動します。

aerotAP OpenNI2ドライバの設定

a) 最新版ドライバ aeroTAP_OpenNI2.zipをダウンロードし、展開します。
b) x86またはx64フォルダーの以下のファイルを C:\nuitrack-win64\nuitrack\bin ( OepnNI2.DLLと同じ) フォルダーにコピーします。
aeroTAP_CAM.dll
eSPDI.dll
c) bin\OpenNI.iniファイルをC:\nuitrack-win64\nuitrack\bin ( OepnNI2.DLLと同じ) フォルダーにコピーします。
d) x86またはx64フォルダーのOpenNI2ドライバをC:\nuitrack-win64\nuitrack\OpenNI2\Driversフォルダーにコピーします。
aeroTAP.dll
aeroTAP.ini
ヒント:この時、既存のファイルは削除するか、別のフォルダーに移動しておいてください。

以上で準備が完了です。C:\nuitrack-win64\nuitrack\binフォルダー内の、サンプルプログラムを実行して、設定が正しいことを確認してください。

nuitrack_c11_sample.exe がOpenNI2で利用可能です。

nuiTrack SDK 日本語ドキュメント


Uni-Chan
nuiTrack + Unity
現在準備中