タッチレスインターフェイスなら、

様々なシーンで実証済みaeroTAP(エアロタップ)!

aeroTAP(エアロタップ)とは

aeroTAP(エアロタップ)は、独自の3D センサーを使って、「タッチレスデバイスとして」「3Dセンサー」として展開しています。 特にaeroTAP タッチレスインターフェイスは、これまでにない、インターフェイスとしてのデザインされた入力インタフェースです。
ステレオビジョン方式の3Dセンサーは、今後多くの新しい技術分野での利用が期待されていて、されらの用途への利用をサポートします。


aeroTAP(エアロタップ) タッチレスインターフェイス デザイン コンセプト

最小限のリソース消費

aeroTAP(エアロタップ)は、人と情報端末のインターフェイスを提供します。インターフェイスは、あくまで脇役で、主役はコンテンツ(アプリケーション)です。脇役としてコンピューターのCPUをはじめとするリソースの消費を最小限で、かつ効果的な性能を発揮できるようデザインしています。また、コンテンツの種類に応じた、ユーザーの直感的なタッチレス操作を提供します。

「Make it touchless with aeroTAP...」
タッチレス操作のために専用のアプリケーションを開発することなく、既存の使い慣れたアプリケーションをそのままタッチレスに移行できます。コンテンツの開発者は、自分の使い慣れた言語や開発環境でコンテンツを作成し、aeroTAPでタッチレス操作を行えます。

最近計測したCPU消費は、数年前よりも減少しつつ、かつ性能が上がっています。例えば、汎用Webカメラを使った場合、Intel i3 CPUで7%から12%、Intel i7 CPUでは、5%以下となっています。アイドル状態では、さらにIntel i3で5%程度。スティック PCやタブレットPCでも利用できます。
今度さらにCPU消費が抑えられ、より「脇役」として性能を発揮します。

シンプルな操作とジェスチャ定義

マウスやキーボードの機能だけでなく、アプリケーションをよりシンプルで直感的に操作するためのインターフェイスアシスタント機能を提供します。

サイドイン ジェスチャ画面の上でのシンプルなジャスチャを使って、アプリケーションの終了や切り替え、特定のアプリの起動など自由に設定が可能です。
仮想ボタン画面の上に仮想ボタンを表示させ、特定のアクションを行うことで、より簡単にコンテンツ操作できます。
仮想スクロールバー画面の上に仮想スクロールバーを表示させ、スクロールや拡大縮小などの アクションを片手で操作できます。

2017年 aeroTAPは、aeroTAP 3D USBカメラに対応し、より先進的なタッチレスインターフェイスを提供します。

いままでの2D画像からの3D画像での認識と追跡により、より低CPU消費と確実な操作が可能になりました。

従来の「手のひら操作」に加えて、「指先操作」による近距離でのタッチレス操作をサポートします。これにより25cmから1.5m(または2.5m)までの間でのタッチレス操作を実現します。

aeroTAP Evolutionに関するお問い合わせ

aeroTAP 3D USB カメラ (ステレオ ビジョン方式 3Dセンサー )

ステレオビジョン方式の3Dセンサーでは、深度計算、カラー画像と深度画像との同期とマッピング処理がモジュール内蔵のICチップで処理されるため、CPUへの負担がなく、シンプルな機構で構成できます。USB 2.0/3.0 パスパワーで接続が可能です。複数のセンサーを同時に接続することが可能です。

aeroTAP 3D USBカメラのステレオビジョン方式では、左右2つのカメラが完全に同期して撮像が行われ、深度マップを計算します。結果、深度画像とカラー画像も完全に同期し、深度画像とカラー画像のマッピング結果が得られます。

PDF aeroTAP 3D USBカメラ 日本語版カタログ

応用例 - 深度画像によるオブジェクト追跡

aeroTAP 3D USBカメラ ライブラリ(Windows OS)を提供します。USB 2.0で利用でき、かつ深度画像640x480を30 FPSで出力可能 2.5m以内にあるオブジェクトの矩形と重心位置(x,y,z)、および先端位置(x,y,z)を60FPSでリアルタイムで計測できます。
50cm以内のオブジェクトは、さらに詳細な矩形と重心位置(x,y,z)および先端位置(x,y,z)を60FPSリアルタイムで計測できます。

応用例 - 3D点群処理

aeroTAP 3D USBカメラからのカラー画像と、深度画像を取り込み、3D点群処理が簡単に行えます。 直接入手した深度画像からノイズを除去し3D表示

開発環境について

既存のアプリケーションをタッチレス化するには、aeroTAP Evolution(無料)を使えば、変更することなくタッチレス操作が可能になります。

Windows環境で3D点群データを扱うには、SDK(無料)、OpenNI2ドライバ(無料)をご利用ください。

Linux( Ubuntu, Rasberry Po2/3 )では、サンプルコードをご利用ください。

aeroTAP 3D USBカメラに関するお問い合わせ

aeroTAP 3D USBカメラ技術仕様

aeroTAP 3D USBカメラ ( 3cm ベース )
名称 aeroTAP 3D USBカメラ
概観
インターフェイス USB2.0/3.0 USB3.0  MicroBメス端子
UVCビデオデバイス名 aeroTAP 3D USB Camera
ベンターID 株式会社ネクステッジテクノロジー
センサー解像度、サイズ 1280x800、1/4
視野角FOV (DEG), Diagonal 63.2°(H), 42°(V), 71.4°(±3%)
FNO 2.8±5%
FEL(Effective Focal Length) 3.11mm
Mount Dimention M6 x P0.35 mm
TV-Distortion ≦ 1.5%
深度測定可能範囲 200mm ~ 3000mm
深度画像解像度 320x240、640x480、640x400 (広角ワイド*1) 8ビット
*1 別途カスタム注文にて可能
ステレオカラー画像解像度 620x240、1280x400、1280x480、2560x720 (左右イメージ)
消費電力 5V/500mA, 5V/600mA
レンズ種類 Type A (PID 100) IRカットフィルター付き
Type B (PID 101) IRカットフィルターなし
パッケージ内容
内容: カメラヘッド、カメラベース、1.5m USB3.0ケーブル、カード
総重量:214g
大きさ: 10cm x 10cm x 4.1cm
aeroTAP 3D USBカメラ GS ( 6cm ベース ) (2019年1月出荷開始しました。予約受付中)
2次生産分の出荷を開始しました。ご注文をお申し込みください。
名称 aeroTAP 3D USBカメラ GS
概観
インターフェイス USB2.0/3.0 USB3.0  MicroBメス端子
UVCビデオデバイス名 aeroTAP 3D GS USB Camera
ベンターID 株式会社ネクステッジテクノロジー
センサー解像度、サイズ 1280x960、1/3
視野角FOV (DEG), Diagonal 80°(H)
深度測定可能範囲 250mm ~ 4500mm
深度画像解像度 640x480、1280x720 最大14 ビット
ステレオカラー画像解像度 1280x480、2560x720、2560x960 (左右イメージ )
消費電力 5V/500mA、5V/800mA
レンズ種類 デュアルバンド IRカットフィルター付き

aeroTAP 3D USBカメラ vs aeroTAP3D USB GSカメラ比較

利用目的での違い
aeroTAP 3D USB 3cm ベースライン aeroTAP 3D USB GS 6cm ベースライン
USB2.0に接続して、IoTデバイスなどCPU消費の低いスマートデバイス向け USB3.0に接続して、より細かな深度データを必要とするスマートデバイス向け
aeroTAPタッチレスインターフェイス向け(1人) ゲーム、人数カウント、物体検出
*現在、aeroTAP 3D USB GSカメラは、aeroTAP タッチレスインターフェイスには、対応していません(予定)。

ステレオカメラ用 aeroTAP レーザー ダイオード プロジェクター(サンプル)

aeroTAP 3D USBカメラをはじめとする、ステレオ視を使った計測カメラの精度を上げるためのオプションです。USB電源で利用できるコンパクトな赤外線プロジェクターです。
低出力のレーザープロジェクターによりランダムドットを出力することで、安全にテクスチャーのない平面などの計測を可能にします。

解説:カメラから140cm離れた位置のホワイトボードを撮影( aeroTAP 3D USBカメラ Type B)。上はODEプロジェクターオフ、下は照射時。均一な震度画像が得られている

比較例 - Kinfu

aeroTAP3D USBカメラ(Type B) Kinfuにて計測した3D - カメラからの距離約50cm メガネを掛けた人の顔
プロジェクターオンプロジェクターオフ

比較例 - 深度画像

Laser Wavelength830nm
Optical output60-70 mW
Working range35 – 100cm
Zero order(#35cm,70mW Optical output)<0.28 mW
DOE Resolution640x360
DOE diffraction angleHFOV 55, VHOV 32.6
Power sourceUSB 2.0

aeroTAP DOEプロジェクター評価貸し出し用に関するお問い合わせ

写真ギャラリー